FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

トゥンパ山からの眺望(ルーマニア・ハンガリー旅行34)

 ブラショフ観光2日目となるこの日も、前日以前と同様に6時半起床の7時朝食というパターンで開始した。いつも一番乗りで会場入りするのでブッフェ料理が完全には揃っていないことが多いのだが、これは国民性とも関連するので仕方ないことなのかもしれない。
 料理を取り終えて好きな席に座り、テレビを見ながら食事を進める。テレビでは、ここ数日ウクライナ上空での航空機撃墜事故とガザ地区における戦闘のニュースが流れている。日本と異なりトップニュースにこれらの国際ニュースが流れるのは、いずれの国もルーマニアから近い国々だからであろうか。
 こうして朝食を済ませてチェックアウトした後は、まずトゥンパ山山頂を目指した。本来であれば旧市街地のメインスポットから開始したいところであったが、あいにく大部分の観光施設は10時オープンであった。従って最も市街地から離れており、かつ所要時間もかかる同山頂観光から開始することが効率的であると考えた次第である。シナイアにおいても感じたことであるが、特に夏場は観光施設の開館時間をもう少し長くして欲しいところである。
 トゥンパ山麓は中世要塞の城壁が数百メートルに亘って残っており、散歩がてらその風情を十分に堪能することができた。山麓からはロープウェイが出ており、頂上までの料金は往復16レイ(約480円)とシナイアに比べて断然安い。そして頂上到着から歩くこと10分弱、辿り着いた展望台からの眺望はシナイアからのそれに勝る素晴らしいものであり、麓の美しい街並みを一望することができた。観光客がほとんどいない朝一の山頂観光は、強くお勧めしたい。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/575-60c4f0e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)