FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

幻のプレジュメール(ルーマニア・ハンガリー旅行35)

 トゥンバ山頂から下山した後は、スケイ門・要塞博物館・黒の教会・歴史博物館の順に観光した。印象に残った施設は特にないが、街の中心部に位置する黒の教会は独特の雰囲気を醸し出していた。一通りの観光を終えて時計を見たところ12時前であり、まだ出発までには3時間以上ある。再度プレジュメールという郊外の要塞教会に行きたいと考えた。
 「再度」と言うには理由がある。実は、昨日ブラン城を訪問した際に利用したバスターミナル付近からプレジュメール行き直通バスが出ていることは事前確認済であり、昨日も復路の車窓からその場所をチェックしていた。前日時点では、この日の朝一にバスを乗り継いでプレジュメールを訪れる予定であったのだが、この日に早起きできなかったことから先のトゥンバ山観光に切り替えたという経緯があった。
 既に時間的にバス利用は困難であるが、今からタクシーをチャーターすれば可能かもしれない。念のため歴史博物館内の観光案内所で確認してみたところ、やはりバス乗継ぎはなかなか困難であり、タクシーチャーター料金はドライバーとの交渉次第なのでわからないとのこと。少し迷った挙句、夕方のシギショアラ行き電車に乗り遅れるリスクを考えてスルーすることにした。スルーしたことによりブラショフの新たな魅力発見に結び付いたので結果的には良かったのだが、昨日のルシュロフ要塞の際と同様に少し安全志向に走りすぎていると感じた。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/576-b163f4b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)