FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

見るか飛ばすか(ルーマニア・ハンガリー旅行50)

 パンノンハルマ観光を終えてジュールに戻ったのは正午近く(バス代は麓から370ft(約170円))。昼食は、バスを待っている間にボリーミーなサンドイッチ(500ft=約230円)を食べたので問題ない。ここで一つの選択を迫られることになる。それは、ジュールの街を観光するか、或いは観光しないでコマーロムというスロバキア国境の街に向かうかというものであった。当初予定は、パンノハルマが手早く片付けばジュールを観光し、時間がかかるようであればスキップすることとしていた。そして現在のこの時間は、丁度ボーダーラインと言ってよい。
 結局、スキップするのは忍びなくジュール市街地の観光に2時間ほどかけたが、これは大正解。大聖堂・司教の塔・カルメル教会といった見どころを巡ったが、いずれも徒歩圏内で移動しやすく、街並みもルーマニアのそれに劣らぬほど可愛らしく見事なものであった。ウィーンとブダペストの中間に位置するこの街は、大部分の観光客は通過するだけなのだろうが、もし半日時間が取れるのであれば是非散策することを勧めたい。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/592-b9a1fb7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)