FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

リコンファーム(ルーマニア・ハンガリー旅行58)

 ブダペスト観光初日となるこの日は、市内のメジャーな観光スポットを可能な限り巡る予定である。いつも通りに早めに朝食を済ませてまず向かったのは国会議事堂。8時前ということで議事堂前の広場は閑散としており、豪華かつ壮大な議事堂の姿を眺めながらしばらく周囲を散策した。 
 そして、チケットオフィスに向かい議事堂内部の見学ツアー(9時45分出発の英語ツアー)の予約をした。料金は4,000ft(約1,800円)とブダペスト市内の観光施設の中では最高額であったが、それだけの価値は十分にあったので絶対に外せない必須ポイントである。
 ツアー開始までは時間があったので、トラムに乗車してトルコ航空オフィスに向かった。理由はリコンファームである。トルコ航空は現在でもリコンファームが必要な数少ない航空会社の一つであった。私が日本支社に確認した限りでは、「リコンファームしなくても搭乗できないという事態は生じないが、(72時間前というリミットにかかわらず)可能な限り行ってほしい」といった趣旨の回答であったのだが、万が一を考えてブダペストに到着したら速やかに対処することとしていた次第である。リコンファームは電話で行うことが一般的なのだろうが、ブダペストのトルコ航空オフィスが比較的アクセスの良い場所にあったので、電話によるコミュニケーションミスというリスクも考えて直接オフィスを訪ねた方が得策と判断した。
 ヴィガドー広場付近でトラムを降りてしばらく歩くと、すぐにトルコ航空の看板を発見。既にオープンしていたので、Eチケットを見せて数分で無事対処することができた。これで帰路の足は完全に確保できた。備えあれば憂いなしである。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/600-7ecde101
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)