FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

未知の国スロバキア(ルーマニア・ハンガリー旅行69)

 今回旅行で2回に亘り入国を果たしたスロバキアであるが、日本人にとっては馴染みの薄い国であると言わざるを得ない。おそらく、大部分の日本人はその場所すらわからないであろうし、或いは一昔前のように「チェコスロバキア」という一つの国として理解しているケースもあろう。現在、チェコとスロバキアはそれぞれ完全に独立した一国家であり、スロバキアはれっきとしたEU構成メンバーの一員である。
 そして前述のとおり、旧東欧諸国の中においては既にユーロ導入済である数少ない国である。私自身はヨーロッパ経済に関して無知なのであくまで勝手な解釈となってしまうが、早々にユーロが導入できたということは一定の経済力を有している証ではないか。一般的に、地理的に西側諸国と隣接している国ほど経済的に豊かであり、逆にロシアに近い国ほど経済状況は悪い傾向が強いことから考えると、オーストリアと隣接しているということも大いに影響していようし、無論スロバキア自身の努力もあったのだろう。
 ほんの2時間程度の入国を通じて感じたことは、治安面の不安もなく安心して旅ができそうだと言うプラスイメージしかない。魅力的な観光資源がどの程度存在するのかはわからないが、こうした街の雰囲気を体感するだけでも来訪価値は十分にあると思われる。今後の観光地としての飛躍に期待したいところである。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/610-abdcb6e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)