FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

まさに迷宮(ルーマニア・ハンガリー旅行73)

 岩病院見学を終えた後は、そのまま王宮の丘を徒歩で登ってラビリンスと呼ばれる王宮地下迷宮を訪問した。岩病院については内容面の充実が印象に残っているのに対して、このラビリンスはその経験自体が強く記憶に残っている。
 入場料(2,000ft=約900円)を支払って洞窟内に入る。しばらくは別段違和感はなかったが、奥に進んでいくにつれて微かな光だけを頼りに手さぐりで進むような状態となった。迷宮内で他の観光客を見かけることも少なく、各部屋には不気味な人形が展示され、その怖さを増幅させるかのように各所から呻き声のような音が流れてきた。加えて、内部は意外と複雑であり、折角進んだが行き止まりという事態にも何度か遭遇。私はドラクエのダンジョン(洞窟)を想像しながら、この暗闇の中を少しずつ進んだ。奇怪なモンスターが登場しても決しておかしくはない、下手なお化け屋敷よりも数段怖い空間である。
 やがて、ある女性2人組のグループと鉢合わせになった。声こそ挙げなかったものの双方驚きの表情を隠せなかった。その後、その二人組が話す「ジャポネーゼ云々」という声を聞いた。おそらく、「日本人と鉢合わせになって本当にびっくりした」という内容であったのだろう。それはこちらも同じである。
 いずれにしても、おそらく観光施設でこうした体験をすることは今後ないであろう。まさに迷宮であった。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/614-95bd996e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)