FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

最後の観光スポット(ルーマニア・ハンガリー旅行75)

 昼食後は、最後の観光スポットである国立オペラ劇場に向かった。私自身、オペラとは全く無縁ではあるが、劇場そのものがブダペストを代表する名所であることに加えて内部見学ツアーもあるので、是非参加したいと考えて足を延ばした次第である。移動の足は地下鉄M1線を利用した。この路線はヨーロッパで2番目に古い地下鉄として知られており(最古はロンドン)、現在も建設当時の姿を復元したレトロチックな雰囲気の小さな車両が走っている。
 劇場に到着して15時発の英語ツアーを申し込んだ(料金は見学料+ミニオペラ鑑賞+写真撮影料=4,000ft(約1,800円))。日によっては日本語ツアーもあったのだが、残念ながらこの日は対象日ではなかった。日本語ツアーがあると言うことは、かなりの日本人旅行者が訪問しているということなのだろうか。ブダペストは、日本人にとって私が考えている以上にメジャーな観光地なのかもしれない。
 定刻の15時になり、ツアーは言語別(五か国語)に一斉スタートした。英語ツアーは約40名が参加し、その中には日本人・中国人が各数名程度いた。約40分かけて内部を見学し、最後にミニオペラを鑑賞してツアーは終了。感想としては、国会議事堂や王宮の丘などと同様にブダペスト観光において外せない必須スポットと言って良いだろう。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/617-46c72643
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)