FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

現地通貨の再両替(ルーマニア・ハンガリー旅行79)

 現地通貨への両替は計画的に行い、できる限り再両替のリスク軽減を図るべきことは強く念頭にあったのだが、今回は空港到着時点において現地通貨が約13,000フォリント(約6千円)余っていた。直近2~3年の旅行では日本円換算で千円以下であったことから考えると大きな誤差である。
 まずは免税店で消化しようと各店舗を物色してみたが、どうもピンと来ない。やはり再両替を検討する必要があった。空港内の両替所で円への再両替について確認したところ、手持ちの円通貨がないので不可とのこと。これは想定通りである。次に、一般的にはドル・ユーロ両替が順当であろうと考えてレート表を確認したが、これまた厳しい数値が並んでいる。少し考えた結果、このまま再両替せずに持ち帰ることにした。
 この理由は、まず2~3年内のハンガリー再訪の可能性を期待したためである。今回旅行において観光した場所はメジャースポットのごく一部であり、それ以外のスポットや郊外地域など手つかずスポットは数多くある。私のブダペストに対する評価を考えた場合、再訪の可能性は高い。その間にフォリントの価値が半減する可能性は低かろう。さらに、来年はハンガリーの近隣国を訪問予定であることから、そこで当該国通貨に両替可能と考えたこともある。前者よりもこちらの方がむしろ現実的と言える。
 両替には失敗したが、これを再訪の理由の一つとして捉えれば強ち失敗ではないという勝手な理屈を持って本件を結びたい。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/621-d6ff418e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)