FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

皆勤賞のマッサージ通い(インドネシア旅行9)

 今回旅行中において、1日も欠かさず通ったスポットはマッサージ(含足裏マッサージ)である。相場が日本の約10~15%であることから、東南アジア旅行時のマッサージ通いは私にとっては定番になっている。
 ジャカルタ初日は、前項の食堂から徒歩5分ほどのチェーンマッサージ店(1時間で13万ルピア=約1,170円)に行き、翌日はグランド・インドネシア・モール内で偶然見つけた店舗に入ってみた。平均的な施術能力は無論施術者によって異なるので一概には言えないが、十分満足とは言えないレベルではあるもののボーダーライン以上ではあると思う。最大の難点は、施術者に対して英語が通じない(通じても片言である)ため、施術中における強弱のアピールが困難なことである。基本的にストロングorノットストロングだけで乗り切る必要があり、今回は強過ぎるケースが圧倒的に多かったのでそれなりの我慢を強いられた。
 そして、マッサージ終了後は必ずチップを与えることも必須である。私は、昨年以来この点は十分意識の上でフォローしているが、今回通った5回のうち3回は施術者からチップを催促された。こちらは当初から与えるつもりであるにもかかわらず、催促されると妙に白ける。おそらく、他の来店客がスルーするケースが多いので、この日本人(私)にもしっかり言っておかないと何もせずに去っていくと思われているのだろう。彼らの気持ちを考えればわからなくもない。
 ちなみに、私のイメージするチップ相場は最低でも施術料の1割であり、よほどサービスが悪くなければその相場で運用している。無論これで少ないと言われたことやその後の対応が悪くなったことはないので、若干多い位の順当な相場ではなかろうか。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/634-66ccb302
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)