FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

嫌な予感(インドネシア旅行19)

 旅行3日目となるこの日は、7時には朝食を済ませて7時半前にはホテルを出発。乗車予定の鉄道の出発時刻は9時過ぎであり、かつ、乗車駅であるガンビル駅までのルートは前日の経験から30分あれば十分と思われたので、さすがにこの出発時間は早過ぎるとも思ったが、実際には決してそうではなかった。
 まず、最寄りバス停があるサリナデパート付近では、大規模な催事が行われていた。そして、トランスジャカルタが運行するタムリン通りでは、車両シャットアウトで大規模なパレードが実施されており、ピンクのTシャツやウィンドブレーカーを着用した多くの人々が、横断幕やのぼりなど様々なグッズを持って歩いていた。後で確認したところ、どうやら今年実施された大統領選挙に関するものらしいが、実際のところはわからない。
  「この人々の中をトランスジャカルタは走れるのだろうか?」という素朴な疑問・不安は見事に的中。乗換駅である国立博物館前までの移動に(通常5分以内のところ)約20分費やした。そして、乗換駅から1駅区間の移動予定であるはずのところ、何とバスは逆走。次第にガンビル駅から遠ざかって行った。バスに同乗している係員に尋ねたところ、「OK、OK」と言うばかり。まだまだ時間に余裕があったのでその言葉に従ったが、ギリギリの状況であれば相当焦っただろう。今考えれば、(初日の夜にしたように)国立博物館前から歩いてガンビル駅に向かうのが正解であった。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/644-3e164ad7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)