FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

早朝の移動(インドネシア旅行27)

 4日目は5時半起床。予定より30分遅れである。理由は、前項で述べた礼拝のスピーカー音が煩かったため耳栓をしたので、アラームに気付かなかったのである。
 急いで身支度を整え、トランスジョグジャ(トランスジャカルタのジョグジャバージョン)を乗り継ぎ、6時半過ぎにはボドブドゥール行きのバスの発着所であるジョンボルターミナル(以下「ジョンボル」と呼ぶ)に到着した。結構あっさり書いているが、このトランスジョグジャの乗り継ぎは旅行前における懸案事項の一つであり、時間がない場合にはジョンボルまで直接タクシーで行く方が賢明であろう。なお、乗車料金は1回3千ルピア(約27円)一律であり、ジャカルタとは異なりシングル利用が可能であった。
 ジョンボルで待っていると、すぐにジョグジャ南方に位置するギワガンバスターミナル(以下「ギワガン」と呼ぶ)発のバスが到着したので乗車。座席間隔が非常に狭く、私ですら全く足を延ばせずに極度の窮屈さを強いられたものの、何とか8時前にはボドブドゥールのバスターミナルに到着することができた。若干のアクシデントはあったものの、ほぼ予定通りと考えて良い。
 なお、ボドブドゥール訪問に際して、ジョンボル・ギワガンどちらのバスターミナルを利用すべきかについてだが、まず料金は片道2万ルピア(約180円)の外国人料金が一律徴収されるため優劣はつかない(この料金について交渉の余地はないと思われる)。ちなみに、同区間を現地住民が利用した場合の料金は不明だが、途中乗車客が4千~6千ルピア支払っているのを目撃したので、全区間利用の場合には8千ルピア(約72円)程度ではないか。次に所要時間については、ジョンボル利用の方が20~30分は短縮でき、ギワガン発のバスはジョンボルにも停車すると思われることから、結論としてジョンボル利用に分があると考えられる。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/653-e1672974
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)