FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

締めのマッサージ(インドネシア旅行39)

 当初予定ではタマン・サリ見学までであったが、まだ十分時間があったので、フレデブルク要塞博物館という当時のオランダ要塞を利用した展示博物館に向かった(入場料は1万ルピア=約90円)。
 この博物館では、近代インドネシアの歴史がジオラマ等でわかりやすく展示・紹介されており、予想を上回る見応えのあるスポットであった。社会科見学と思しき学生たちも2~3組訪れていたが、地元の歴史教育にとっては絶好の場所であろう。
 その後は、トランスジョグジャに乗ってホテル付近まで移動。地図に記載されている降車予定のバス停に停車せず、鉄道の線路を挟んで逆側のトゥグの塔まで行ってしまうというアクシデントはあったものの、時間に余裕があったことから冷静にフォローした。
 続いて、この旅最後となるマッサージでは、足裏+ボディ(合計1.5時間、9万ルピア=約810円)を受けて5日間連続の皆勤賞。それにしても飽きずによく通い詰めたものである。この5日間で使ったマッサージ代は、日本で1時間マッサージを1回受けた料金とほぼ同額であろう。東南アジアでのマッサージ通いはしばらく続きそうである。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/665-4584bbea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)