FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

バックパッカーの聖地(タイ・マレーシア旅行17)

 乗船して間もなくするとチケット係が料金徴収にやってきた。料金は15バーツ(約53円)と大変リーズナブルである。係員は船着き場に到着する度に船内を回って新たな乗船客から料金を徴収しているのだが、船内はかなり混雑しており少なくとも100人は乗っている。果たして、係員は誰がどこで乗船してきたのかをどこまで完全に記憶しているのだろうか。
 カオサン最寄りの船着き場には30分程で到着。数分歩くとテレビでお馴染みの景色を目にした。おそらく旅番組のタイ特集の中で、最も多く映し出される画の一つではないだろうか。第一印象としては意外と広いエリアだと言うことであり、周囲をのんびり散策したために結構な時間を費やすこととなった。また、セブンイレブンの数がやたら多い(バンコク中心部にも多数あるのだが、カオサン付近は特に目についた)。
 一方、午前10時過ぎということもあり喧騒・雑踏のイメージはなく、歩いている観光客はまばらであった。しかし、通り沿いには怪しげなトゥクトゥクや呼び込み風の男性を何度か目にするなど、中心部とは若干違う様相を呈していることは十分理解できた。夕方以降に来れば面白そうな界隈かもしれないが、その機会は次回にお預けである。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/686-60cb45e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)