FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

中小企業金融円滑化法の期限切れ

 昨日(24日)は、(社)東京都中小企業診断士協会主催の中小企業金融円滑化法に関するセミナーに出席した。
 中小企業や住宅ローンの借り手が金融機関に返済負担の軽減を申し入れた際、できる限り貸付条件の変更等を行うよう努めることなどを柱とする同法(平成21年12月施行)は、平成25年3月末をもって期限切れとなる。現在同法を活用している中小企業数は約30万社に及ぶと言われており、期限切れに伴いこれら企業に対する影響が大いに懸念されている。
 セミナーでは、中小企業診断士や税理士など専門家が地域金融機関等と連携して、こうした中小企業等に対する適切な経営改善支援を積極的に行っていくことが強く求められている点や、その実現のために企業の内部環境等に関する現状把握や具体的な経営改善計画の策定・実行などに対して適時適切なフォローアップを行っていく必要がある旨が示された。
 中小企業にとって真の意味での経営改善に結びつく支援を強力に推進していく「出口戦略」は、今後益々重要になってくると思われる。しかし、その実現のためには我々士業のコンサルティング能力の向上が不可欠であり、私自身もこうした政策的動向を注視していくことは無論のこと、各種研修・セミナー等の場を通じて日々その研鑚を図っていきたい。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/69-8974087a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)