FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

満点のホテルサービス(タイ・マレーシア旅行22)

 バンコク中心部の散策を済ませた後は、ラーチャダムリ駅からウォンエンヤイ駅まで戻ってホテルで預けていた荷物を引き取った。コレクションマニアの要求に快く応じてくれたマネージャーが対応してくれたので、20バーツチップを渡したところ、「ノー」と辞退された。タイにチップの習慣がないことは理解していたが、これまで東南アジア旅行中においてチップを拒否されたことはほとんどなかった(インドネシアにおいてヘアードライヤーを部屋に持って来てくれたホテルマンに渡した際に拒否された時くらい)ので非常に意外であった。
 無論、無理に渡すつもりは毛頭ないのでそのまま別れを告げて去ろうとすると、タクシーを呼ぶか尋ねられた。基本的にタクシーは極力利用しないよう常に意識しているのだが、ここから目的地であるファランボーン駅まではBTS&地下鉄を利用する必要があり、乗り換えの手間等を考えると明らかにタクシー利用に分があった。しばらく考えてお願いすることにした。
 しかし、コールタクシー=電話コールかと思いきや、何と私の荷物を持ったまま玄関の外で手を挙げて流しのタクシーを止めた。そして、私がタクシーのドアを閉めて出発するまで見送ってくれた。今後バンコク訪問時の常宿にしたいと思えるほどの素晴らしいサービスを提供するホテルであり、まさにインターネットの評価・口コミ通りであった。唯一の難点を挙げるとすれば、部屋に歯ブラシセットがなかったことだろうか。私は自身のセットを持ち歩いているので何ら問題はなかったが・・・。
 ちなみに、ウォンエンヤイからファランボーン駅までは約30分で100バーツ程度と聞いていたが、実際には20分強で料金は61バーツ(チップ込で70バーツ=約245円)。ホテルはタクシーの料金を多少高めに言う傾向があるので、これについては意に介していない。前回訪問時の経験も含めて言うならば、バンコクの流しのタクシーは基本的に安全と考えて良いだろう。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/691-91632bf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)