FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

タイとの違い(タイ・マレーシア旅行28)

 タイとマレーシアの時差が1時間あることについては、往路フライト時には十分認識していたのだが、この時は完全に失念していた。時間管理の甘さに改めて反省しつつ、しばらく車窓を眺めていた。そして、とあることにすぐ気付いた。
 まず、それなりに大きかった電車の揺れが収まり始め、そして駅舎が小奇麗になってきた。加えて、沿線に捨てられているゴミも随分減っている気がした。一言で片づけるならば、東南アジアらしさがなくなり垢抜けてきたとでも言えようか。
 タイとマレーシアの1人当たりGDP(2013年時点)は、マレーシアがASEAN10か国中3番目(シンガポール・ブルネイの次)、タイは同4番目であり一見拮抗しているように思えるが、この1番差はかなり大きい。ちなみに、5番手インドネシアとタイの差も幾分あるように思えるが、タイ・マレーシア間の差に比べれば小さいだろう。
 マレーシアに入って3時間ほどで電車は終点のバタワースに到着。時計を見ると到着予定時刻の12時半よりも約30分早い。私が記憶する限りにおいて、これまで海外の電車が定刻より早く到着した例は皆無である。これは奇跡的とも言える幸運ではなかろうか。できればこうした幸運は別の所で手にしたいところではあるが・・・ 

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/697-4e73888f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)