FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

海外旅行体験(アラブ①)

 この旅行は、大学4年の2~3月にかけて約40日間に亘りアラブ地域(エジプト・ヨルダン・シリア)を旅したものである。
 なぜこの地域を選んだのかについては幾つか理由があるが、最大の理由はピラミッドやぺトラ・パルミラなど同地域内の歴史遺産をこの目で見たいと強く思ったためである。しかし、生まれて初めての1人旅であり、同伴者がいないことによる心細さや文化・風習の違いによる混乱、言葉が通じない不安(アラブ地域の公用語はアラビア語であり、英語はあまり通じない)など様々な困難に見舞われ、現在までの旅の中では間違いなく最もハードなものであった。今でも、大禍なく無事帰国できたことは非常に幸運であったと考えている。
 具体的な旅程については、まずウィーン経由でエジプトのカイロに入り、カイロ→ルクソール→アスワン(アブシンベル)→スエズ→シナイ半島と約3週間かけて回った。続いて、シナイ半島から航路でヨルダンのアカバに入国し、世界遺産であるぺトラ遺跡などを経て首都アンマンに辿り着いた。こうしてヨルダン国内に約1週間滞在した後、陸路でシリアの首都であるダマスカスに入り、世界遺産パルミラ遺跡をはじめ約10日間に亘り同国内の歴史遺産を堪能した。
 なお、各国の特色や見舞われた具体的なトラブルについては、次項以降に譲りたい。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/70-ec65cb3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)