FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

ジョージタウンの魅力(タイ・マレーシア旅行38)

 この日の午前中はまずセントジョージ教会を見学し、その後隣接するペナン博物館に1時間程度滞在した後、コンウォール要塞を観光した。
 ペナン博物館は展示数が程よい量であり、各展示物にじっくり時間を掛けられたという点において予想以上に充実した見学となった。要塞(入場料2リンギ=約70円)は、城好きの私としては絶対に外せないスポットであり、かつ、ジョージタウンを代表する素晴らしい観光地であると思う。しかし、私の評価に反してここを訪れる観光客はまばらであった。リゾート地ペナンにおいて都市観光はかなりマニアックなのかもしれない。
 相変わらずの暑さにもかかわらず要塞でかなり時間を費やした後は、ジョージタウン域内に立地する19世紀~20世紀初頭の様々な建造物を見学しつつ、プラナカン博物館では前日同様に華僑豪邸の素晴らしさに改めて感動。入場料20リンギ(約700円)は高いが、私個人としてはお勧めのスポットである。
 その後は、フェリー乗り場を海岸沿いに進み、「周家の橋」と書かれた桟橋に辿り着いた。この一帯は、同姓一族(林氏・周氏・陳氏など)が生活する海に突き出した家々が立ち並ぶ伝統水上家屋となっており、先ほどのヨーロッパ風建築とは全く趣が異なるローカル風情満点のチャイニーズエリアである。徒歩圏内で移動可能な距離に様々なタイプの街が共存しているという点こそがマレーシアの魅力であることが改めて再認識できる。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/707-6adb881a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)