FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

2つのやること(ミャンマー旅行6)

 マンダレーの宿泊ホテルは、先のエアポートホテルとは異なり中級ホテルながらしっかりした設備・雰囲気を併せ持つ素晴らしいホテルであるとともに、加えて観光面におけるサービスなどのホスピタリティ面についても十分満足いくものであり、3日間の滞在中大変お世話になった。
 このホテルにチェックインした後、観光する前に対処すべき2つのことがあった。1つは3日後のマンダレー→バガンのフェリーチケット手配であり、2つ目は翌日以降の観光の足の確保である。前者は、10時間かかるため貴重な1日を潰すことになり勿体無いという感覚もあったが、是非のんびりと船旅を楽しみたかった。後者は、郊外移動に際してタクシーチャーターが効率的であったので、それをホテルに依頼した際におけるチャーター料金を確認したかったのである。
 まず、前者についてはホテルで手配可能とのことであり、その料金は42ドル(約5千円)。どうやらホテルコミッションは取られないようであったので、すぐに手配を依頼した。一方、後者は1日4万5千チャット(約5,400円)という微妙な金額であった。ガイドブックでは3万チャット程度で対処できるようであったので、こちらは夕方までに結論を出す旨伝えた。要するに、この日の観光中に適当なタクシーと交渉して3万~3.5万チャットで合意できればと考えたのである。これは現実的かつ順当な対応のように思えるが、マンダレーでは通用しなかった。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/719-9f227d0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)