FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

最高の眺め(ミャンマー旅行20)

 アマラプラに到着して日没までは時間があったので、まずは橋の対岸に立地するチャウットーヂーパヤーを見学した。この寺院の特色は、上半身が女性・下半身がライオンという伝説の生き物「マヌーシア」である。この不思議な像をまじまじと見ていると何やら和やかな気分になる。
 再度ウーベイン橋を渡って中洲に着く頃には丁度日没を迎えつつあったので、ここから夕日を眺めつつこの美しい光景をカメラに収めた。先の僧院での食事と同様、橋の上はもとより中洲も多くの観光客で混雑していたが、その混雑を遥かに上回る魅力がこの時間帯のこの場所にはある。私は、ただひたすら沈みゆく夕日を眺め続けていた。できれば、中洲にあった近くの屋外食堂でビールを飲みながらもう少しゆっくり過ごしたかったが、タクシーを待たせていたので、やむなく完全に日が沈んだ頃合いを見計らってウーベイン橋を跡にした。
 マンダレーの宿泊ホテルには18時15分頃に到着し、ドライバーにはチップ5千チャット(600円)を与えた。満足度を考えれば決して高くはないと考えている。そして夕食は、昨日と同じ屋外食堂でマトンカレー+ライチジュース(2,400チャット=約300円)。チキンと異なり骨がないので食べ易かったことだけが記憶に残っている。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/733-20089bf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)