FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

マンダレー中心部の様子(ミャンマー旅行26)

 マンダレーの船着き場到着後は、まず徒歩15分ほどでエインドーヤーパヤーを訪れた。無論マンダレーを代表する立派な寺院ではあるのだが、これまで多数の荘厳な寺院を目にしてきた私としては、他の寺院と同様に大きな黄金の仏塔があったという印象しか残っていない。
 次に、さらに10分ほど歩き、早朝に訪れたゼーヂョーマーケットやミャンマープラザといった中心部のマーケットエリアに足を延ばした。訪れた時間帯は15時過ぎであったが大変な賑わいを見せており、旅行者で混雑する観光スポットを除けばマンダレー第一の混雑スポットであろう。行き交う車・バイクの渋滞も激しく、他の大通りとは比較にならない混雑ぶり。さらに、ピックアップの荷台には溢れんばかりの人が乗り込んでいた。まさに東南アジア諸国特有のカオスである。
 また、個人的にはこのマーケットエリアに隣接して聳える高いビルが気になったのが、これはおそらくホテルかマンションなのだろう。マンダレー唯一ののっぽビルであり、その姿はミングォン往復の船からも目についたので、少なくともマンダレー市民であれば誰でも知っているに違いない。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/740-8e72a8de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)