FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

しつこい売り子(ミャンマー旅行37)

 前述の通り、ミャンマー人の客引きは基本的にそれほどしつこくなく、観光客が通っても全く呼び込みをしない土産品店すら多い。良く言えば無理強いしない、悪く言えばやる気がない、とも言える。しかし、各主要寺院に何人かいる子供の売り子は結構しつこく迫ってくるので、それをやり過ごすのは一苦労であった。
 私の記憶で最もしつこかったのは、頂上からの眺望が史上最高である「シュエサンドーパヤー」であり、この翌々日に訪れたミィンカバー村周辺の主要寺院もそれなりに苦労した。いずれも十代前半の子供であり、比較的女の子が多かった。
 具体的には、見学前に名前や国籍を聞かれ、帰りに必ず土産品を見てくれと懇願する。そして、一通りの見学を終えて帰ろうとすると、私の名前を連呼しつつ、商品を見てくれと強い引き止めに遭うのである。断ってもしつこく付いてくるので、場合によってはかなり煩わしく感じるのだが、相手が子供なのであまりゾンザイな対応を取らないことは意識しつつも、バガン観光中に購入することは一度もなかった。
 売っている商品は、仏像関連グッズ・漆製品・絵葉書などであるが、中には小さな子が手書きしたと思われる絵葉書を自らで売っているケースもあった。土産品に興味はなかったが、この絵葉書だけは買っても良かったと今更ながら思っている。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/751-aac869ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)