FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

人生最悪の年越し(ミャンマー旅行40)

 こうして体調不良にもかかわらず全ての行程を終え、18時15分頃にホテル着。とりあえず感動と辛さが交差した一日であったが、この運転手の存在がバガンの魅力を一層引き立てたことは確かである。彼にはチップ5千チャット(約600円)と大奮発の金額を渡してお別れした。
 (体温計を持っていなかったので)あくまで私の予想であるが、この時おそらく38度近くの熱があったと思われる。しかも、昼食をスキップしたにもかかわらず夜になっても一向に腹は減らない。最も悪いパターンである。とりあえず水分を多めに取ってすぐ寝た。
 しかし、この日は丁度大晦日で新年を祝うフェスティバルがホテル並びにその周辺で盛大に行われていたのである。マイクから大音量の音楽が発せられ、花火音が激しく鳴り響く。到底寝られる状態ではない。そして、こうした睡眠妨害を乗り越えてようやく寝られたと思った矢先、私の部屋の電話が突然鳴った。電話腰に「バルーンツアーがどうとか」と言われたが、意味がわからなかったので(電話でのやりとりに自信がなかったため)フロントに行って詳細を行くと、他の宿泊客と間違えたとのこと。これまで好印象であったホテルに対する評価が一気に低下した。間違いなく人生最悪の年越しであった。
 その後はひたすら眠ることに集中し、翌朝起床したのは7時過ぎであった。途中何度か目が覚めたものの、12時間近くは眠っていたことになる。若干のダルさはあったものの、体調は前日と比べて改善していた。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/754-b358ff33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)