FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

入手困難な小額紙幣(ミャンマー旅行43)

 帰りの道路状況も極めて順調であり、バガンには13時前には戻ることができた。この時、丁度手持ちのチャットが少なくなっていたので、ドライバーに頼んで銀行に寄ってもらった。
 私は、ここで1チャット・5チャットなどの小額紙幣を是非入手したいと考えていた。これまで(お釣りなどで)自然に入手できた最小紙幣は50チャットであり、50チャット未満の少額紙幣については、旅行者が自然に手に入れることは難しかった。そこでここでは、意識的に端数を生じさせるべく108ドル両替した。レートは、50~100ドル紙幣で1ドル=1,022チャット、20ドル以下では1,002チャット。私の計算では6チャットの端数が出るはずであり、これで1チャット・5チャットともに入手できると考えたのである。
 しかし、実際に渡された金額はレシートの記載額よりも6チャット少なかった。つまり、期待は見事に裏切られた。この点を銀行員に確認したところ、「10チャット未満の小額紙幣は取り扱っていないので切り捨てている」とのこと。無論、10チャット=約1円であるので、効率性を考えればもっともな見解ではある。その後、ドライバーに確認してみると10チャット未満はほとんど流通していないので、銀行でも扱っていないとのこと。
 私の努力は完全に徒労に終わったが、もう一つの目的であった1万チャット紙幣の両替には快く応じてくれた。ドライバー曰く、この紙幣もほとんど流通していないらしい。理由は、高額紙幣過ぎて日常生活において使う機会がほとんどないとのこと。日本円に例えれば2万円札に近いので十分納得である。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/757-e59c6830
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)