FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

ピックアップの難点(ミャンマー旅行51)

 ホテル前には18時過ぎに到着。ドライバーにチップ2千チャット(約240円)を支払った後、ホテルに預けている荷物を受け取ってピックアップを待った。昨日訪れた食堂で再度シャンヌードルを食べたかったので、出発前にピックアップ時刻を遅らせて欲しい旨ホテル側に依頼していたのだが、残念ながらその希望は聞き入れなかったようである。
 10分程待つとピックアップらしき車両が到着。一般的なミニバン・ミニバスではなく、タイのソンテオなどのように後ろの荷台に乗り込むスタイルであり、私が最初の乗客であった。その後、2組(いずれも2人連れ)の日本人が乗り込んできた。1組は東南アジアを中心に各地を旅する熟練旅行者であり、特にラオス旅行に関する話は大変興味深かった。もう1組は数年に1回海外旅行をしているという初老の夫婦であり、英語こそNGであるものの、アドリブと気合いで特にトラブルなく旅を続けているようであり、私から見れば羨ましい限りであった。
 続いて、何組かの外国人旅行者を乗せたことで乗客は合計15人。当然大変な混雑状態となり、最後の乗客は椅子に座れずに荷台最後尾に座り込んでいた。車内は結構揺れ、椅子に座っている私ですら上部の手すりにしっかり掴まっていたくらいなので、最後尾は振り落とされんばかりの揺れであったに違いない。
 この状態は約30分間続き、深夜バスの出発時刻である20時にようやくバスターミナルに到着。結局、私は1時間半この混雑トラックの荷台に乗っていたことになる。ほとんどの時間は一緒に居た日本人と話していたので退屈こそしなかったが、最後の30分間はさすがに窮屈過ぎて辛かった。仮にホテルからタクシーを利用すれば30分以内で到着できるので、利用価値は十分あるだろう。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/765-9a13054e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)