FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

何かがおかしい(ミャンマー旅行55)

 バスターミナルからは約40分で中心部の宿泊ホテルに到着。そのままホテルに荷物を預け、再度タクシーに乗り込んでヤンゴン随一の見どころであるシュエダゴンパヤーに向かった。ちなみに、近距離区間のタクシー料金は概ね2千チャットとのガイドブックの記載通り、この区間も含めた中心部移動に際してのタクシー料金は全てこの金額であった。
 シュエダゴンパヤーには東西南北4つの入場口があるが、私はタクシーを下ろされた場所から最も近い東口から入場した。東口からはエレベーターですぐにパヤーに上ることができ、早朝の爽やかなパヤーを拝むことができた・・・と思いきや、残念ながらパヤーの大きな仏塔はあいにく工事中。だが、メインの仏塔以外にも壮麗な建造物群が多数立ち並び、さすがにミャンマーを代表する寺院であることは十分実感できた。
 しかし、しばらく寺院内を散策していて何かがおかしいことに気付いた。チケットを買っていないのである。外国人料金として入場料8ドルが必要である旨ガイドブックに記載されていたのだが、誰も私に声を掛けてこなかった。やがて、寺院内にいる外国人は胸にシールのようなものを貼っており、これがその入場券に相当するものであることがわかった。はてさてどうしようと思いながらもそのまま1時間程度散策を続け、結局主な見どころを回り終えてしまった。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/769-2d96aede
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)