FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

総括(ミャンマー旅行73)

 フライトは定刻通りヤンゴン空港を出発し、成田到着は定刻よりも30分近く早かった。気流の影響とは言え、復路便の早さには驚かされる。無論早いことは大変結構なのだが、東南アジアの復路便の多くは夜行なので、機内食や離発着の時間を考えると睡眠時間はせいぜい2~3時間。この時も例外ではなく、成田から自宅までの帰路は何度も強い睡魔に襲われた。
 しかし、その睡魔を通勤ラッシュが妨げた。アクセス特急は鎌ヶ谷駅付近から混雑し始め、高砂駅到着時には完全なラッシュ状態で下車するにも難儀した。しかも、8時過ぎの同駅ホームは人で溢れ返っており、向かい側の普通電車を待っている間も結構面倒であった。この日は、一般的な会社の仕事始めであり、皆それぞれに大型連休を満喫したことだろう。そして、私の連休もこれをもって終了である。
 今回の旅行は、再三述べている最終日の一件を除けば間違いなく断トツのベストトリップであった。やはり幾度となくミャンマー人の優しさに触れたという点が大きく、バガン遺跡の素晴らしさがこれに続くだろう。無論、マンダレーの落ち着いた雰囲気やヤンゴンの溢れんばかりのパワーも印象深かったし、ミャンマーの乗り物はそれぞれ独特の風情があった。
 今後の旅程は未定であるが、やはり秋から冬は東南アジアに限る。このミャンマー旅行を超え、バガン遺跡を上回る観光資源を見るべく、これからも世界各地を旅したい。

(完)

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/787-7c0414c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)