FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

1年半ぶりのドリアン(マレーシア・シンガポール旅行11)

 こうしてツインタワーでチケットを手配した後は、再度ホップバスに30分程乗車してブキビンタンに到着した。この乗車中に急に豪雨に見舞われた。マレーシア・シンガポールともに豪雨⇔晴天が1日3回ほど繰り返される。特に徒歩観光の際には十分ケアする必要があろう。
 ブキビンタンで降車後は両替である。マレーシア国内の両替については、結論から言うと驚くほどのレート差はないが、それでもこのエリアのレートが若干良いようである。私が確認した限りでは、1万円当たり空港=280リンギ、KLセントラル駅=290リンギ、スリアSC=285リンギ、ブキビンタン=295リンギであった。空港レートが最も低い点については他国と同様であるが、その差は1万円当たりで500円弱。これをどう見るかは意見の分かれるところであろうが、少なくとも法外というほどではないだろう。両替後は10分ほど歩き、以前利用実績があり評価も高いマッサージ店を訪ねたが、あいにく1時間以上待ちとのこと。やむなく先に夕食を取ることにし、その後再訪することにした。
 このマッサージ店の近くには屋台で有名なアロー通りがあり、そこにはドリアン屋台も出店している。迷うことなくドリアンに会いに行った。今回食したドリアンは1キロ=22リンギほどの品種であり、D24や猫山王ほど高級ではないものの臭みがなくクリーミーな味わいであったので、間違いなく粗悪品ではないだろう。少なくとも次回訪問時もまた食べたいと心から思える大変満足な再会であった。
 1年半ぶりにドリアンとの再会を果たした後は、このままアロー通りで夕食を取っても良かったのだが、この時は私が以前からチェックしていたマレー料理の有名レストランを利用することにした。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/799-b11a29bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)