FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

海外旅行体験(アラブ⑤)

 前述の通り、アラブ地域の旅行に際しては様々なトラブル・アクシデントを伴うが、旅程に直接的に影響を及ぼすのが交通事情である。
 日本のそれと比べて判断することは無論ナンセンスであるが、同地域において数時間単位の遅延は決して珍しいことではない。特に、国内航空便や夜行列車、長距離フェリーなどは遅延が生じなければ非常に幸運である。実際、私がシナイ半島からヨルダン・アカバ港に向かうフェリーは数時間遅れで出発し、アカバ港到着が明け方近くとなったため、その日はほとんど眠ることはできなかった。しかも、先に述べた言葉の壁により遅延に関する情報がうまくキャッチできないため、周囲の流れを感じ取って行動することを余儀なくされ、結果として無駄なエネルギーを浪費することも多かった。また、一定の人数が集まってから出発する乗合タクシーは安くて便利そうではあるが、いつ出発するかわからない上に目的地も漠然としているため、行きたい場所にピンポイントで辿り着ける保証もない。
 こうしたあらゆる遅延に遭遇しても致命的ミスに至らなかったのは、他の日本人旅行者と連携して必死に対応したからだと思う。ちなみに、当時この地域を個人旅行する日本人は少数であったため、日本人同士が会うと大抵挨拶を交わすし、何かあればまとまって行動するケースが度々あり、私にとっては大きな旅の助けとなっていた。
 結論として、海外旅行時における観光・移動に際しては、特に長距離移動を伴う場合において十分な日程的余裕を持って行動すべきという点に尽きよう。そして、何かあった場合には周囲の状況を注視するとともに、周囲の日本人旅行者や英語が話せる外国人旅行者等と連携して適切に行動・対応することがトラブル回避への道であると思う。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/80-1a23a509
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)