FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

空虚な街(マレーシア・シンガポール旅行16)

 その後は、他の政府関係ビル群や湖畔などで2~3回停車して各10~20分程度の自由時間を与えられ、14時半頃バスターミナルに帰着・解散となった。ツアー自体はまずまず満足の行くものであったが、考えさせられる点は多かった。
 まず、この街を(ツアーに参加せず)個人で移動することは非常に厳しいだろう。ピンクモスクと首相官邸だけであれば公共バス利用で往復可能かもしれないが、各スポットがそれぞれキロ単位で離れており、マレーシアの酷暑の街なかを徒歩で移動することは困難である。私もツアーに参加して正解であると感じた。
 そして、この街にはほとんど人が歩いていない。工事現場の労働者を除けば歩いている旅行者やビジネスマン・生活者を見かける機会は皆無であった。この日が日曜日であることは大いに影響しているだろうが、人のいない街がこれほど寂しい空間であることを実感せざるをえない。
 人が住み、その人々の生活を便利にする店が出来、さらにそれらの集積として街が成立するというのが本来の図式である。人工的に造られた街は美しく、生活面の利便性も高いのかもしれない。しかし、そこに人々の生活の臭いはなく、少なくとも私はこのような街で生活したくはない。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/804-218923a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)