FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

お決まりの行程(マレーシア・シンガポール旅行18)

 シンガポールまでの鉄道チケットを手配した後は、ふっきれたようにあらかじめ予定していた行程を着実にこなした。まずは、鉄道でチャイナタウンに移動して、3点セット「豆腐花」「ロンガン水」「カットフルーツ」を対処。昨日に続いての訪問だが、やはりここは外せない。
 小腹を満たした後は、こちらも昨日に続いてブキビンタンへ移動。チャイナタウンからの移動はタクシーが便利なので、丁度大通りに停車していた車に確認したところ20リンギ(約660円)とのこと。この区間が数リンギで移動可能なことは前回訪問時に把握済である。マレーシアでも倍以上のぼったくりがあるのかと少し残念な気がした。結局、別のタクシーに乗車して5.5リンギ(約180円、この他チップ0.5リンギ)で移動し、アロー通り屋台街を散策した後、昨日訪問したマッサージ店で昨日と同じコースの施術を受けた。昨日と異なった点は、帰り際に担当者がいなかったのでチップを渡せなかったことだけである。
 夕食は、朝食を取ったいつもの店でナシカンダール(卵及び野菜系中心)+サモサ+アイスティ(合計9リンギ=約300円)。この店には2日間で朝晩合計3回来たことになる。さすがに店員も私の顔をよく覚えていた。
 唯一のアクシデントは、KLセントラル駅で下車して改札口にトークンを入れても改札ゲートが開かず、駅から出られなくなったことである。ホーム内に駅員がいなかったので、やむなく別の改札口まで移動し、駅員がいる方向に手を振って合図を送った。幸い理由も聞かずに改札ゲートを開けてくれたので面倒な事態にはならなかったが、こうした際に事情をしっかり説明できるような英語力は必須であろう。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/806-733e850d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)