FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

イメージと違う(マレーシア・シンガポール旅行22)

 列車は定刻約1時間半遅れの16時過ぎにシンガポールに到着した。国境越えの数分間はやはり感激した。景色自体大したものではないが、陸路で国境を越えている瞬間は格別の思いがある。何度も言うが、日本では絶対に経験できないことである。
 入国審査を経て5分ほど歩くと駅前のホーカーズに辿り着く。早速スーパー店頭に陳列されている強烈なドリアン臭のお出迎えである。まずは両替をしなければならなかったが、探している時に限って見つからないのがトイレと両替所である。10分ほど探し回ってようやく1軒発見。レートは掲載されていなかったが、シンガポールという国柄に安心してノーチェックで5千円渡すと53シンガポールドル(以下「ドル」と呼ぶ)返ってきた。決して良い相場とは言えないが、荷物を持ってこれ以上探し回りたくなかったのでいた仕方ないだろう。ちなみに、翌日に両替したホテル近くの両替所では1万円=109.5ドルであった。続いてはトイレを発見。何と0.2ドル(約18円)取られた。シンガポールもトイレは有料という点が若干以外であった。
 次は食事である。ホーカーズ内の中華系店舗でぶっかけ飯(米+肉1品+野菜2品)が2.5ドル(約225円)。そして、その後食べたデザートが2ドル(約180円)。特にぶっかけ飯はシンガポールにしては安いという印象であったが、それ以上に強く印象に残ったのはシンガポールらしからぬローカル感である。マレーシアのそれとほとんど変わらぬこの雰囲気は、当初の洗練されたイメージとは随分異なるのかも知れないと思うと、非常に嬉しく感じた。

※1シンガポールドル=90円で換算

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/810-20657799
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)