FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

熱帯の中の冷帯(マレーシア・シンガポール旅行34)

 その後やってきたクルーズ船の乗客は何と私1人だけ。やはり朝方からの豪雨が大きく影響しているようだ。ちなみに、私が購入したチケットはマリーナとの往復券(マリーナで下船可能)であるが、1日乗り放題券をはじめ幾つかの種類があるようだ。
 当初予定通りマリーナベイで一度下船。この時、ドライバーが何かアドバイスをくれたのだが、何を言っているのか全くわからなかった。断片的な単語から判断するに、この後にやって来るどの船に乗って戻っても良いと言った内容だと思われたが、シンガポール英語はやはり独特である。だが、これを言い訳にしてはならないことも十分自覚している。
 この日はマリーナ内部を散策した。内部はオシャレなショップが多数軒を連ねており、日本でお馴染みの店舗も多数出店していた。ここで私が何かを買う可能性は0であったが、一通り全体像を把握したいと考えて歩き続けた。次に見つけたのはカジノルームである。この日は夜営業のみであったので残念ながら中に入ることはできなかったが、夜間は日本人も含めた多くの旅行者で賑わうことだろう。
 それにしても、この広々とした空間は明らかに寒過ぎる。先ほどここに入るまでに発した汗は数分で乾いてしまい、体は完全に冷え切っている。マレーシアのSCや電車・バスも相当ひどかったが、ここの寒さは常軌を逸している。シンガポールのような先進国においても、やはり弱冷房という概念はないのだろうか。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/822-af9b1f50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)