FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

安全策の土産対応(マレーシア・シンガポール旅行36)

 こうして観光は無事終えたが、定番のご当地土産を一つも買っていないことに改めて気づいた。空港までの帰路に買うという方法もあったが、炎天下に重い荷物を担ぎながら見つけることは憚られたし、仮に適当な店を見つけられない場合のリスクも懸念された。そこで、やむなく昨日訪れたマーライオン像近くにある土産品店に向かった。
 この店は典型的なツーリスト向けショップであり、確かに私がイメージするあらゆる土産品が揃っていたが、Tシャツ30ドル(約2,700円)、マーライオンのミニ置物25ドル(約2,300円)と最後まで相場にやられっ放しであった。おそらくブギス付近であれば半額程度で買えただろう。この店内にこれほど多くの観光客がいる理由が正直わからない・・・
 手早く買い物を済ませ、ホテルで荷物を引き取ってブギス駅に向かう。途中、水を買うためコンビニに入ったのだが、精算時に店員が英語で話しかけてきた。「もう1本買えばおまけでもう1本」という内容だと推測されたので、「ノーサンキュー」と言ったところ、さらに何か言ってきた。しばしの沈黙の後に3度目のリスニングでようやく気付いた。実は、私が買った商品はキャンペーン中であり、「1本買えばもう1本無料なので棚から取って来い」という内容だったのである。自身のリスニング力の未熟さを痛感した。加えて、このサービスはあまり有り難くなかった。どうせ空港で没収されてしまうのだから・・・

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/824-b043aa5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)