FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

コンズム(クロアチア・ボスニア旅行10)

 夕食後は、駅近の「コンズム」というスーパーマーケットで翌日の朝食を購入した。コンズムはクロアチア国内を旅していると必ず見かける同国最大規模のスーパーであり(ボスニアヘルチェゴビナ国内でも数多く見かけたことから、旧ユーゴスラビア構成国の中で最大規模かもしれない)、ありとあらゆる食材が所狭しと販売されていた。
 店舗の大きさは、ホールセラーのような倉庫クラスの店舗からコンビニクラスの小規模店舗まで様々であるが、いずれも街中のキオスクやコンビニで買うよりも格安であり、私も旅行中はできる限りコンズムを利用することにしていた。この日に購入したのはパン・水・ミニトマトであったが、水の場合500ml水が5クーナ(キヨスクは6、中心部のキヨスクは7~8)、1.5L水は6クーナ(ドブロブニクのコンビニで10)であり、他の食材・飲料系もキヨスクやコンビニと比べて割安であった。ちなみに、飲料水の中で通常のミネラルウオーターのレモンフレーバー版が販売されており、通常の水に比べて3割程度高かったが、私は旅行中これを愛飲していた。
 その他の食材では、ミニトマトが200~300gで12~14クーナとこれは日本並みであろうか。他にハム・チーズが各100gで合計約10クーナであり、これは日本より割安であろうし、それ以上に味が格段に勝っていた。
 結論として、コンズムはクロアチアを旅行する上では欠かせない有り難い店舗である。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/836-369e6550
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)