FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

炎天下の観光(クロアチア・ボスニア旅行14)

 受付に荷物を置いた後は、早速スプリット中心部の観光に出掛けた。具体的には、地下宮殿(40クーナ=約720円)→歴史博物館(20クーナ=約360円)→大聖堂の順に回り、いずれも訪れて損のない場所であることに間違いはない。地下宮殿は観光施設としての存在自体に魅力があったし、歴史博物館は予想以上に展示物があった。さらに、大聖堂の鐘楼から眺めるスプリットの街並みは一見の価値ありである。
 だが、今振り返って最も印象に残っていることは、どこも観光客で溢れかえっていたということである。この後訪れるドブロブニクもスプリット以上の混雑ではあったが、スプリットの方が狭いエリアに観光施設が集中している分その混雑ぶりが際立った。そして、観光客が多いことは物価が高いことを意味する。100%オレンジジュース(Lサイズ=400ml)が25クーナ(約450円)、500ml水は10クーナ(約180円)と観光客プライスであった。
 そして何しろ暑かった・・・。何度水分補給をしても全て汗で発散されてしまい、常に喉が渇いていた。観光客プライスで販売されている500ml水に対する支出も決してバカにならない。荷物が増えるのは憚られたが、この時から節約のために1~1.5L水を購入し、ビニール袋に入れて持ち歩くことにした。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/840-7bd6a922
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)