FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

海外旅行体験(アラブ⑦)

 ヨルダン国内においてトラブルが相対的に少なかったことは前項で述べたが、全くなかったわけではない。忘れもしない、不審者と思われて軍用車で連行された一件である。
 その日はヨルダンの地方都市からアンマンに行く予定であったが、その途中塩水湖で有名な死海に行きたいと考えた。乗合バスの運転手に確認したところ、あるバスが死海に行くので乗って行けとのこと。そのバスに乗って40分ほど経つと美しい湖が見えてきた。だが、湖以外には荒野が広がるだけの何もない場所。やがて運転手から死海に着いたから降りろと言われた。死海に行きたい=死海の畔にある町をイメージしていたのだが、この運転手はそう考えなかったようだ。
 やむなくそこで降車し、町を見つけるために荒野の中をテクテク歩いていると、後ろから軍用車が現れて制止された。「何しているのか?」「なぜこんな場所を1人で歩いているのか?」など厳しめの質問を受けた後、その車両に乗せられて検問所に連れて行かれ、そこでまたいろいろ聞かれた。かなり緊迫した空気であり、理由はわからないが非常にまずい状況に遭遇していることだけはわかった。やがて、検問所の軍人から「アンマンに行く車があるのでそれに乗って行け」と言われ、ヨルダン駐在のアメリカ人夫妻の車に同乗して無事アンマンに辿り着いた。
 幸いにも身体的危害はなかったが、精神的にはかなり疲労した一件であった。後で聞いた話であるが、この日の前日にイスラエル・ヨルダン国境で爆弾テロがあったため周辺区域の警備強化が図られていたとのこと。知らなかったこととは言え、こうした地域を旅する際には細心の注意を払う必要性があることを十分理解した。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/85-746df440
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)