FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

夏のストーブ(クロアチア・ボスニア旅行35)

 下山後は、中心部広場付近のレストランで昼食を取った。ビール(25)+イカスミリゾット(80)+テーブルチャージ?(15)+チップ(10)=130クーナ(約2,340円)という普通のレストランでの食事。味はまずまずであったが、一つ大きな問題があった。
 というのは、オーダーして待っている間、汗をいつも以上に搔いていたからである。確かにこの日も猛暑であり、いつもと同じ35度超えであろうから不思議はなかったが、日陰にいるにもかかわらず少しおかしいと思った。今考えれば、ここで気づかない自分もおかしい。
 間もなく料理がサーブされて食べ始めたが、ますます暑さを覚えるようになった。他の客を見てもそれほど暑がっている様子はない。どうもおかしいと感じ、何となくふと斜め後方に目をやると、そこにはオレンジ色の明かりを付けたストーブが設置されていた。こうして犯人は特定されたが、既に食事は半分以上平らげており、今から席替えも面倒くさかったので椅子を少しズラしてそのまま食べ続けた。
 (ウェイターに案内されたわけではなく、ここに座ってよいかと断って)勝手に自分が座った席なので文句は言えないが、なぜにテラス側に向かってON状態のストーブが設置されていたのか全く理解に苦しむ・・・

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/861-5c405d56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)