FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

複雑なイミグレ(クロアチア・ボスニア旅行38)

 バスは定刻の8時に出発。スプリットから来た際にも通ったID確認のみのイミグレーションを通過した後しばらく走ると、今度は本当のしっかりしたイミグレに到着した。
 ここではまず係員がパスポートチェックを行い、EU以外の国籍者のパスポートにはクロアチアの出国スタンプが押される。続いてパスポートを係員に預け、暫く待っていると1人ずつパスポートが返却される。この間の手続きは全てバス内で行われるので、基本的には我々がバスから下車したり荷物を見せたりする必要はない。
 だが例外があった。私の隣に座っていたアラブ系の男性と前方に居た白人の男性は、荷物を持ってバスを降りていた。彼らは20~30分後に戻って来たが、なぜ彼らだけ降ろされたのかは全く不明である(少なくとも隣の男性はデンマークのパスポートを保有していた)。
 いずれにしても、このイミグレで40分程度停車した後、バスはボスニアヘルツェゴビナ(以下「BH」と呼ぶ」)国内に入ったのだが、できれば先ほどの停車中にトイレに行きたかった・・・。誰も降りなかったことに加え、バスがこれほど長時間停車するとは考えていなかったので無用な動きを控えていたのだが、結果としてモスタル到着時には結構辛い状態になっていた・・・
(クロアチア編完)

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/864-45e63c14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)