FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

BHの第一印象(クロアチア・ボスニア旅行39)

 バスは11時40分頃にバスターミナルに到着。まずは翌日のサラエボ行きの鉄道チケットを購入しようと思って隣接する鉄道駅に向かったのだが、あいにく窓口はクローズ。どうやら、この駅を通過する鉄道は1日2往復らしく、その前後の時間帯以外はクローズしていることが多いようである。だが、クロアチアで1回電車に乗り損ねている私としては、ここは絶対に鉄道を利用したかった。仕方なく後で再訪することとして、宿泊予定のアパートメントに向かうことにした。
 それにしても人通りもほとんどない極めて閑散とした駅・バスターミナルであり、クロアチアのそれとは大違いである。BHを代表する観光地とは言っても、モスタルはクロアチアからの日帰りツアーで来る旅行者が圧倒的に多いので、一般のターミナルは他の地方都市とそう変わらないのかもしれない。ちなみに、このチケットを巡って後にBH旅行最大のトラブルに見舞われようとは、この時点では夢にも思わなかった。
 バスターミナルからアパートメントまでは1本道であり、結構な大通りであるのだが、車道を行き交う車は少なく通行人もあまり見かけない。そして、沿道には紛争時の銃弾を浴びた建物を幾つも目にした。モスタルも紛争地の一つであったことは理解していたが、クロアチアとは異なり非常に生々しく残っている状態に対して、改めて大きな衝撃を受けた。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/865-3eb706f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)