FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

ノープロブレムか(クロアチア・ボスニア旅行59)

 この旅行では幾つか不思議な事態に遭遇したが、夕食後のコーヒータイムもその一つである。
 夕食を終えた後は、再度バシチャルシァ広場に戻り、広場に隣接するカフェテラスで「アイラン」(酸っぱいヨーグルトジュース)と「トルココーヒー」をオーダーした。通常2品を1度にオーダーすることはないので店員からも突っ込まれたが、どちらも初体験であり一気に試したいと考えたので、イレギュラーなのは重々承知である。しばらくするとオーダーした2品がサーブされ、その時に5マルカ(約330円)を請求された。当然最後に支払うものだと思っていたのだが、東南アジアの屋台ではその都度払いのケースもあることから、違和感はあったが言われたとおりに支払った。
 やがて突然の豪雨に見舞われ、店員が大急ぎでテラス席を片付け始めた。幸い私の席は屋根があったので問題なかったが、屋根のない席に座る人々は結構な混乱ぶりであった。豪雨はすぐに小雨となり店がようやく落ち着きを取り戻した時、私はとあることに気付いた。先ほど金を渡した店員がいなかったのである。彼は、アイランやトルココーヒーの飲み方について親切に教えてくれたのだが、良く考えると店員っぽくなかった気もする。しばらく店内を見渡してみたが、やはり彼を発見することは敵わず、(おそらく大丈夫だとは思ったが)二重払いのリスクが頭を過った。そして、過ると同時に私は何気なく席を離れてそのままゆっくりと広場方面へ消えて行った。誰も追って来なかったことから、やはり私の考え過ぎであったのだろうと思われる。
 一つ気になったことは、その去り際に同店の看板を目にしたのだが、アイラン=1.5マルカ(約100円)、トルココーヒ-=2マルカ(約130円)と確かに書いてあった。1.5マルカやられたのか、或いは席料だったのか、これまた不明である・・・

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/886-f6082b17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)