FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

海外旅行体験(アラブ⑧)

 平成24年10月現在、シリアは大規模な内戦状態に突入している。かつて同国を訪問した日本人の一人として大変寂しい思いである。
 この当時のアラブ情勢を極めて簡単に述べると、イスラエル対他のアラブ諸国という構図である。だが、アラブ諸国も決して1枚岩ではなく、エジプト・ヨルダンなどが若干穏健的であるのに対して、シリアは強硬派であり街中にも反イスラエルのスローガンが各所に掲げられていた。ちなみに、シリア入国時のパスポートチェックにおいてイスラエルへ入国記録があると入国拒否されるという話が当時のガイドブックに記載されていた。加えて、湾岸戦争終結から数年が経過してはいたものの余波はまだ残っており、ヨルダンでは出稼ぎ労働者などからイラクに関する話を聞く機会が多かった。
 現在のアラブ情勢は、イラクの民主化や昨年(平成23年)エジプト・リビア・チュニジアで発生した長期独裁政権の崩壊など幾つかの進展はあるものの、全般的に見ればまだ道半ばと言わざるをえない。歴史的に非常に難しい背景があることは重々承知しているが、少しずつ着実に安定・平和への道を辿って欲しいところである。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/89-d9765245
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad