FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

オリンピックと墓地(クロアチア・ボスニア旅行63)

 ホテルからサラエボオリンピックスタジアム跡地までは徒歩で40分ほどかかる。一般的にはタクシーで行くのだろうが、道順が平易であり、かつ整備された歩きやすい歩道であったので、所要時間に比して疲労感は全くなかった。昨日のホテル階段エクササイズで相当鍛えられたのかもしれない。
 スタジアムに隣接する博物館は休館であったため(日曜日だったためなのか、或いは長期休館なのは不明)、スタジアムの周りを1周歩いてみた。内部は何かのイベント準備が行われていて入ることはできなかったが、周囲に数多く設けられているゲートから覗くことで中を見学することができた。一方、スタジアムの外周壁は落書きがひどく、周辺には膨大なゴミが散乱。最近イベントで使用したからなのだろうが、公共のゴミ捨て場と間違えかねないほどの酷さである。
 スタジアムから少し歩くと無数の白い墓標で覆われた墓地を目にした。ユーゴ戦争で犠牲になった人々も多数埋葬されており、戦争中は敷地不足からオリンピック敷地を墓地にして埋葬したとのこと。オリンピックという華々しいイベントが行われていた時、よもやこうした無数の墓標がこの地に並ぶことは絶対に想像できなかったはずである。様々な思いを抱えながら、この地を後にした。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/890-b73a8091
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)