FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

総括(クロアチア・ボスニア旅行70)

 イスタンブール出発はほぼ定刻。やはり夏季休暇期間中ということで機内は満席であった。深夜1時出発の夕方18時半到着便なので、1回目の機内食を終えて睡眠を取り、昼前に起床してその後は映画を見るという形で時差ボケ対策。ここで寝すぎると翌日以降のバイオリズムに影響を与えるので十分気を付けたいところである。そして、飛行機は定刻通りに成田空港に到着した。
 今回は、当初想定したほどのスムーズな旅ではなく、特に交通面におけるアクシデントやアンラッキーが重なったことが一時的な混乱をもたらした。これは全くの計算外であり、東南アジアを旅する時と同様に日程に余裕を持たせ、かつ代替ルートの確認もしっかり行うべきという良い警鐘になった。また、湿気が少ないとは言え毎日40度近くになる猛暑の中を散策したことは、結構な肉体的疲労をもたらした。そして、クロアチアの物価は明らかに高過ぎたことから予想以上の散財を強いられた。
 一方、訪れた都市はいずれも魅力的であり、食事や衛生面も良好であったことから、健康面について特段留意することなく快適な旅が出来た点は何よりであった。加えて、安全・治安面における不安は皆無であった点も改めて強調しておきたい。
 秋~冬にかけては東南アジア旅行のシーズン到来であるが、これまで以上に新たな魅力発見の旅を楽しんでいきたい。

(完)

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/897-2baa6551
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)