FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

ブルネイの第一印象(マレーシア・ブルネイ旅行19)

 17時に到着したバンダルスリブガワンに到着した時の第一印象は、「ここは本当に東南アジアなのか?」である。これまで私が訪れた印象、そして多くの人々が東南アジアに対して抱く印象とは大きく異なる光景がそこには広がっていた。
 停車した広い駐車場内に車はほとんど停車していない。そして、この駐車場を挟む左右の通りは車が整然と走行しており、さらにその奥にはドーム形が特徴的な大きな建造物があった。何よりも驚いたことは、歩行者をほとんど見掛けなかったことであり、これは海岸沿いやSC周辺の一部通りを除けば、滞在中ほぼ同様であった。さらに、バイクや自転車などを見かけることもほとんどなかったと記憶している。
 その当初イメージとの違いに圧倒されながら、ガイドブックを片手に目的のホテルを探そうとしたところ、一人の男性が話しかけてきた。定番のタクシー呼び込みかと思ったが、ホテルを告げると親切にもその場所を丁寧に教えてくれた。拍子抜けも良いところであり、この当たりの言動も東南アジアらしくない、というか物足りない。
 だが、この男性の示した場所は(進む方向は正しかったが)場所は間違っていた。その後、別の男性に詳しい場所を確認して何とかホテル到着。明らかにこれまで感じたことのない異国情緒であり、アラビア半島のオイルマネーで潤う国々はこのパターンに近いのかもしれない。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/916-4d465db0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)