FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

オイルマネーの力(マレーシア・ブルネイ旅行22)

 ブルネイ2日目となるこの日は8時に朝食を取り、9時前にはホテルを出発して徒歩でロイヤルレガリア(王室宝物・史料館)に向かった。ちなみに朝食メニューは、ナシレマ+オムレツ+パン+果物(パパイヤ)というシンプルなブッフェスタイルであったが、特段不満はない。なお、ナシレマの類似料理で「ナシカンドック」なる料理が置いてあったので確認したところ、ナシレマのスパイシーバージョンとのこと。とりあえずこの日は避け、翌日チャレンジしてみることにした。
 玄関前で靴を脱いで入館すると、まずは煌びやかで大きな御所車の展示に驚かされる。加えて、そのドーム装飾や絨毯など内装の豪華さは見事という他なく、これだけでもこの建物を訪れる価値はあると言って良いだろう。その後は、荷物をコインロッカーに預け、受付に名前を記載してから入場。ちなみに入場は無料であり、これは他のモスクや博物館など同国内で私が訪れた全ての施設系建物で同様のパターンであった。私のような観光客には有り難い限りである。
 展示は、ブルネイや現国王の歴史に関する内容がメインであるが、やはり宝物類が多かったことが印象的であった。いやはやオイルマネーの力を存分に見せつけられたと言ったところか。ちなみに、この館内で日本人の団体旅行者を目にした。同国内を訪れる観光客数自体が少ない中、これはかなりレアと言ってよいだろう。これが(空港以外の)ブルネイ滞在中において日本人を見掛けた最初で最後であった。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/919-3eb1acd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)