FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

バスが来た(マレーシア・ブルネイ旅行36)

 丘に敷設されている階段を登ること10分、ようやく間近に大きな建物の見える駐車場まで辿り着いた。この建物はブルネイ博物館であり、当初はこの博物館も訪問予定であったが、あいにく改装中のため休館中であるとの事実をブルネイ到着後に知った。そしてその博物館前には車道があり、結構な頻度で車が走っていた。
 間違いなくこの道路だろうと考えて待つこと10分、バスらしい車体を目にしたのですかさず手を挙げた。例の「シティセンターOK? YES。」というワンコミュニケーションを経て一安心。中心から数キロ離れた場所での置き去り事件はこうして幕を閉じた。ここで得た教訓としては、少なくとも復路でこうしたサービスを利用することはリスクがあることと、ホテルの連絡先を記載したメモは持って行くこと、の2点であろうか。
 バスステーション到着後は、そのままバスを乗り継いでザ・モールに移動。前日は訪れなかったモール本館周辺の土産物店2~3軒などを物色しながら、Tシャツ・ポロシャツ・モスクの置物などを購入。Tシャツ=12.9ドル、半袖襟付きシャツ=13.9ドル、置物=9.9ドルとポロシャツ以外はかなり高額であり、かつデザインも今一つパッとしないが、自分にとってはマストグッズなのでいた仕方ない。
 昼食は、前日訪れたフードコートでぶっかけ飯(4品で5Bドル=約430円)をいただき、前日に引き続いてマンゴージュースを飲んだ。そして、ジュースを飲み終える頃にはようやく落ち着きを取り戻すことができた。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/933-a3dac5c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)