FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

朝の散策(タイ・ラオス旅行3)

 翌朝の起床時間は8時半過ぎとかなり遅かった。やはり体調不良の影響だったのだろう。前日に比べて体調は良くなっているようにも思えたが、食欲が湧かないところから万全には程遠いことは明らかであった。
 とりあえずホテル近くの朝市に出店していたヌードル屋台でセンミーナーム(40バーツ=約130円)を流し込んで腹を満たす。昨日に比べるとヌードルが美味しいと思えるようになった。或いは、昨晩のヌードルの味自体が本当にNGであったのかもしれない。朝食後はしばらく朝市を散策。美味しそうな一品料理やスイーツ類が所狭しと並んでおり、本来であれば「買っては食べる」といういつも通りの行動をしたい衝動に駆られたが、ここは冷静にスルーした。。。
 ホテルをチェックアウトした後は、まずサパーン・タークシン駅近くにある「ワットヤーンナーワー」というジャンク船をかたどった仏塔を訪問した。他の著名な寺院と比べて観光客は少ないが、ユニークさという意味では訪れて損のない寺院であろう。ちなみに、ここで外国人にチャオプラヤボート乗り場までの道のりを聞かれ、少し慌てながらも何とか対処。「この寺のリバーサイドから通り抜けられるか?」という質問であり、答えはNO。だが、かなり粗い言い方になってしまい、もう少し上手い言い方があったはずだと反省して少し凹んだ。
 続いて、サートーン駅からチャオプラヤボートに乗り込んでカオサン通りに向かった。ボートは相変わらず混雑しており、バンコク三大寺院を目指す観光客も多数乗船している。このボートに乗る度にバンコクに来たという実感が湧いてくる。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/940-7b12e648
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)