FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

チップとは(タイ・ラオス旅行7)

 再度サートーン駅に戻った時には既に18時過ぎ。荷物を取りにホテルまで戻り、そこからタクシーでファラムポーン駅に向かった。ちなみに、タクシーはポーターが大通りに出て手を挙げて拾ってくれたのだが(バンコクの中級ホテルはこのパターンが多い模様)、ホテルロビーのソファーから見ていても、かなり頑張って対応してくれる様子が伝わってきた。このポーターには前日ポーター仕事に対して20バーツ+この日の荷物預け料として10バーツをチップとして渡しており、それも若干影響しているのだろうか。いずれにしても2~3分でタクシーは捕まり、料金は15分ほど走って53バーツ(約170円)と正規料金であった。
 だが、駅周辺は大変渋滞しており、駅入口とは反対側の微妙な場所で降ろされてしまった。明らかに駅正面までの移動が面倒くさそうだったので、正面に付けてくれと言いたかったがなぜか言えなかった・・・。しかも、決して親切とは言えないそのドライバーに(チップ込で)60バーツ払ってしまった・・・。チップの意味について改めて考える必要性を強く感じた。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/944-b4fa246d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)