FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

海外旅行体験(アラブ⑩)

 前述の通り、シリアの総合評価はエジプトとヨルダンの中間(多少ヨルダン寄り)であり、エジプトを経験済の私にとって支障はほとんどなかった。加えて、比較的余裕をもって観光したことで、同国内の歴史遺産を十二分に堪能することができた点は本当に良かった。また、シリアはエジプト以上に日本人旅行者が少ないため、街やホテルで出会った際には必ずコミュニケーションを取っており、その際の様々な会話を通じて旅の知識を得ることも多かった。
 ちなみに、私はシリア観光を終えてそのまま帰国したのであるが、私が同国で出会った多くの旅行者は、このままトルコ国内に抜けてイスタンブールから帰国するパターンであった(或いはトルコから入ってシリア→ヨルダンに抜ける逆パターン)。当初プラン策定の段階において、三か国の滞在日数を減らしてトルコを追加するプランも当然検討した。しかし、私の旅行方針として、訪問国においてはできる限り腰を据えて観光・滞在し、同国の魅力を可能な限り堪能することを旨としていた。実際、シリア国内の観光地がいずれも期待を裏切らない素晴らしいものであったことから、この時にトルコを外したことについて別段後悔の念はない。
 一般的な傾向として、首都よりも地方都市、地方都市よりも町村において新たな魅力を発見・堪能できることが多い。無論、日程的な制約が生ずるので可能な範囲での対応となるが、今後もできる限りこの方針を貫くことでこれまで以上に旅を満喫したい。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/95-40493ae9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)